家の購入を考える
きっかけは3つ!


家

家の購入を考えるきっかけは、大きく分けて3つあります。

一つは子供が生まれたり大きくなった時で、
将来的に子供部屋を用意する必要を考えて、
賃貸よりも部屋数の多い自宅の購入を考えるようになります。

次が貯金がある程度たまった時で、
元々家を購入するつもりがあってためていた頭金が十分な額になったことで、
真剣に物件探しをするようになります。

最後は賃貸住宅の契約更新時で、ちょうど賃貸物件に住めなくなることから、
どうせ引越しをするのであれば新しい家に移り住んでもよいのではないか、
と考えるきっかけになります。

いずれの場合でも、家賃というのはそのまま消えていくものですが、
住宅を購入して払うローンの場合、
完済した時にはその住宅が資産として自分のものになります。

そのため、購入を思い立ったら物件探しや貯金に精を出し、
より現実味のあるものにしていきましょう。

年収や年齢などが気になって購入をためらうという人もいますが、
若い年代であれば毎月の負担を少なくできますし、
年収が安定していれば短期間で完済も狙えます。

面倒だと思っても、物件探しや金融機関を比較しているうちに、
より現実味がわいてきてモチベーションを高めることにもつながります。

最新情報

<2016.05.22>家を購入するのにベストなタイミングって?
<2016.05.22>家の価格以外にかかってくる費用って?
<2016.05.22>家を買うとき住宅ローンに通らない人っているの?
<2016.05.22>マンションと一戸建て、人気はどちら?

TOPページ |