家の価格以外に
かかってくる費用って?


家の購入を考えたときに、家の価格以外にかかってくる費用があります。

最初に用意しなければならないのは、ある程度まとまった金額の頭金です。

頭金をどのくらいの額を用意できるかによって、
住宅ローンの借り入れ金額が変わってきます。

もちろん住宅ローンを利用するときは、審査を受けなければならいませんし、
審査が通っても住宅ローンの借入費用を考える必要があります。

住宅ローンには利子がかかってきますから、
余裕があるときは前倒しで返済すると借り入れ費用の総額を抑えることができます。

家の購入費用の他に、不動産登記の費用も用意しなければなりません。

また住宅を購入した後、固定資産税を毎年払う必要があります。

住んでいる地域や家の広さによって固定資産税は変わってきます。

その他に家に合った家具の購入費用、
そして住んでいた家から新しい家に引っ越すときの引越し費用も必要になります。

この費用をあまり念頭においてない人が多く、
実際に引っ越ししたり、家具を購入するときに、
お金が足りない!と感じてしまい妥協しがちになります。

そうならないためにも、いざというときのために、
バレずにキャッシングしたい時に見るサイトを覚えていたら助かりますね。

さらに、家は住んでいると傷みや汚れが生じます。

快適に住むために、そして家を長持ちさせるためには、
定期的にメンテナンスをするための維持費用がかかってきます。

外壁塗装を行ったり、壁紙の張り替え、
さらに築年数がたると水回りが故障するので維持費用が必要になります。


TOPページ |